モチベーションのアップでダイエット成功!?自分の性格をしろう!

状況対応型のモチベーションアップ法とは

たとえば、結婚式でウエディングドレスを着るとなるとダイエットにも力が入るものですよね。しかし、そのモチベーションがなければ、リバウンドしてしまうことも少なくありません。やせ生活を習慣にするには一定のモチベーションを保つことが大切でしょう。そのためには、自分の性格や体質を知ることも重要ですよ。たとえば、おおらかな完璧主義者や華のあるお天気屋、プラス思考のチャレンジャーや威厳にみちた努力家は状況対応型グループに分けられ、感性が豊かで天才肌タイプなので、自分が楽しめるかどうかで、ダイエットのメソッドや改善策を選ぶとやる気アップに直結しますよ。ほめて伸びるので家族や友達に応援してもらうのもいいでしょう。

目標指向型のモチベーションアツプ法とは

無邪気なクリエイターや、夢見がちな現実主義者、個性豊かなマイペース人間、貫録ある働き者は目標指向型のグループにわけられ、一言でいえば、合理主義者でしょう。そのため、データとして結果が出るとますます身が入るタイプになります。健康やダイエットのためにしたことと、体重変化が関連づけられているのが、目でみえるようにレコーディングしていくと効果的でしょう。また、人恋しい博愛主義者、甘えん坊なナチュラリストは混合タイプでヒューマングループといわれるほど人情家です。ひとり黙々と打ち込むよりも友達や家族と楽しみながらエクササイズをするほうがうまくいくでしょう。

動きでわかる胚葉分類

受精卵の中に胚葉といわれる部分があり、これは遺伝や個人差が大きく特に体型や体質に顕著にあらわれます。目をつむり1分間まっすぐ立っていたとき、体が回るなら中胚葉で筋肉質が多く、縦社会を重んじる性格なので指導者がいると効果が得やすく、左右に揺れるなら内胚葉で太っていて、発想力があり、人を使いたい傾向にあるので、やせてウキウキしている自分をイメージしたり、仲間がいると効果が出やすいでしょう。また、前後に揺れるなら外胚葉となり、やせ形で頭脳派なので理屈を説明してから実施すると結果が出やすいですよ。

フェアリーレシピの効能は、現在においても判明していないことが多くありますが、健康維持のためにとても魅力的なアイテムと言えます。